思っていたより簡単に出来た!腕時計の電池取り換え

 難しそうと敬遠していた腕時計の電池入れ替え、無事に出来ました。比較的簡単なので驚きです。

 今まで腕時計無しで過ごしていましたが、出発の時などに流石に面倒になってきたので格安のアラームをインターネット上で買い物しました。シルエットもアンティーク寄りのもので、やけに好みのシルエットで服装雑貨としても良さそうに感じました。
 注文したあしたに雑貨が到着したのですが、誠にアラームが電池切れのコンディション。調べてみると大抵のアラームは試験用の電池が多いらしいので、自分で腕時計の電池入れ替えにチャレンジしてみることにしました。電池入れ替えの技を憶えられたらアラーム店舗やホームセンターの有償入れ替え対応よりも割安になる筈!と、インターネットで入れ替え技を調べて必要な製品などを用意して直ちに入れ替えに挑戦してみました。ただし、自分で交換したりすると断言が無くなってしまうので、自己責任でということらしいです。保証書無しの破格アラームなどだったらモウマンタイだろうと判断しました。

 用意したのは、フタ部分を開けるための尖った製品(精妙損失乗員や専用の器具など)、ピンセット、メガネ拭きのタオル、そして電池を仕込み。なんでも、腕時計用の電池は中心、アナログアラームモードが「SR6263SW」、デジタルアラームモードが「SR6263W」で適切ようです。百均などでもそれほどお目にかかる電池だ。インターネット上でこれまた注文して失敗したときのことなどを考えて5個パックを注文してみました。

 光源を付けて、オーバーホールをしてホコリが無いようにして仕込みは終結。
 滑らないように注意しつつ背部蓋のすきまへ器具を差し込んでゆっくりとずらすようにしたら、余白力を入れていないのにパカリと開いてびっくりしました。自動力を入れると不具合がついたり、道具が折れたり手がけがするかもしれませんが、じっくり見てくれを見つつすると比較的省略あきました。ちっちゃな丸っこい電池は指では取り去れみたいも無いのでピンセットでとりました。新しい電池を用意して、中に押し込めるのですが、実はこの時に電池の公をピンセットで触るとショートしてしまうらしく、かといって現実のみを持ってはめるのは非常に耐え難い…。なので仕方の油がつかないモードにメガネ拭き用のタオルでつまみつつ中頃へ入れてみました。なにぶんようやくなので心拍と運転をしましたが、裏返してアラームのテキスト盤をみると無事に動いている!ので喜びでした。ストレスしました。
 動いているのを確認して、背部蓋の少しだけ凹んでいるポジションを竜頭側に合わせてしっかりはめれば終結だ。実際運転は主として間がかからずすみました。今まで持ち家にしまわれていた電池切れの腕時計2図書もやって見たのですが、一律合わせても15食い分も作業していません。
 今まで電池入れ替えにお金が加わるので敬遠していた腕時計もこれでサクサク奮闘できるし、ハイカラのエリアも広くなりそうでウキウキしている。即日融資 借入限度額