熊本ラーメン「ら〜めん陽向」のどんぶりには物語がある

皆さんは熊本県の「ら〜めん陽向」をご存じでしょうか。熊本県は4月の熊本地震で大きな被害を受け、その影響は「ら〜めん陽向」にも及びました。ラーメンの命とも言うべき伝統のスープを失い、ラーメンを盛るどんぶりを失ってしまったのです。その後、ラーメンのスープは何とか復活させたものの、どんぶりの調達は全く出来ない状態でした。しかし、ここで奇跡が起こります。何と全国のラーメンチェーン店が自分たちのお店のどんぶりを寄付したのです。この「義援丼」は全国のラーメン店を巻き込み、なんと数百ものどんぶりが最終的には集まったそうです。これぞ、ラーメン好きならではの粋な支援ではないでしょうか。こういう出来事を聞く限り、日本もまだまだ捨てた物ではないなと思います。熊本に訪れた際は、このラーメン好きの思いが詰まった「ら〜めん陽向」のラーメンを一杯食べてみてください。人間と人間とのつながりを感じられる一杯であること、間違いありません。きなり 楽天

銀行が紹介してくれた舵取り物品ですが今となっては手を出したことを後悔しています

とある銀行で以前から舵取り委託の引き渡しをやる関係で、ゆとり資金がでるとその銀行で投資対象と変わる金融商品を紹介していただける。勿論何やかや説明してくれた上で自分で投資をするか何とか決断するので銀行側に任務が残るわけではありません。ただ結果的に「紹介してくれないほうがよかった」と思うものもあります。本日そんなに思って後悔している商品が手元に残っています。それは3〜4年保有直後、円安になればなるほど益が現れるという気質のもので、これを購入した3時世ほど前の期待では今年ぐらいに利益がでるはずの物でした。ところが円安にのぼるどころか、あれよあれよという間に円本数がすすんです結果益がでないどころか、今帳消しをすると大きく損害を出す状況になってしまいました。序盤相当な手間賃を支払っているため序盤元本に良い利回りがついてもその手間賃分の包含ができず、円安がすすまない限り帳消し=損害という状態にあるのです。このままでは投資した資金は休止状態ですし、何時になったら帳消しができるのかの見通しも経ちません。「銀行が悪いのではない。自分が判断したのだから。」と思うようにしていますが毎日為替相場を見てはため息をつきながら「紹介してくれないほうがよかったのに!」としみじみ思っていらっしゃる。脱毛無料