憧れの労働。仮にこちらに才能があったなら。

仮に自分にアビリティーがあるのなら望む営業は、「マガジン住まい」か「記者」だ。好きな品のアーティスト君は、角田光代君、津村記久子君、東野圭吾君、北大路公子君だ。角田君の色んな顔を見せつける文体が好きですし、津村君のお出勤マガジンは、相当わが点のように感覚移入して、読みふけってしまう。東野君の推測マガジンはお笑い性抜群で面白いしかっこいい。北大路君の文才にははたして驚かされます。報道であそこまで笑わせられるそれぞれは、それほどいないでしょう。それから、あたいが仮にその営業でやっていけても、出来るなら覆面アーティストでやっていきたいですね。テレビやラジオにふ参列されて、たくさん健闘受けるアーティスト君もいらっしゃいますが、あたいはそんなふうにゆうことには下手だろうし、顔を出すのもいたたまれないので(笑)。あたいは沢山のニュースを読んで、どっさり楽しませてもらっています。それと同じ様に、自分の書いた報道で誰かが楽しんでくれたら、あんな幸せな事はないと思います。