日体大点数会パパ10000m結論組の結果

6月々4お日様に日体大数値会が開催されました。
男性10000mのエンディング組にHondaの設楽悠太といったコニカミノルタの設楽啓太の姉妹が参戦しました。
初期から弟悠太が試合を引っ張る膨張で、兄啓太は3000m過ぎで早くも最先端種族から離されてしましました。
悠太はそこからスピードを上げ外人も引き離し、圧倒態度に入りました。
結果は弟悠太は外人を寄せ付けない試合をし、1位の28食い分39秒33という結局となりました。
兄啓太は道中断念(DNF)となりました。
時間としては少々ですが、そよ風が強くて暑かった気候を考えるといったなかなかの数値ではないかと思います。
こういう双方の同期であり、日体大を箱根駅伝優勝に導いたHondaの服部翔大もエンディング組で参戦していましたが、結果は半07秒93というふるいませんでした。
学生時代は弟悠太によって兄啓太のほうが事実も結局も残してきましたが、産業団に入ってからは弟悠太のほうが読み込みも貨物も結果を残していると思います。
兄啓太は伸び悩んでいますが、殻を破って成長して下さい。